子ども向けプログラミング教室のFCを展開するブログ

キッズプログラミング教室のFC(フランチャイズ)事業を展開しているTech for elementaryのブログ

【開業秘話】夢はプロゲーマー!息子のために自宅で開講

息子さんのために山梨県の自宅でプログラミング教室を開講した素敵なママさんのストーリーです。

是非ご覧ください。
https://www.pr-table.com/tfe/stories/815

c44dae1dc6063d29566d85dc433a2c99f5b55a67

【開業秘話】東日本大震災をきっかけに寺子屋を設立

子ども達の生まれた場所や環境によって教育格差を生まない!

東北で奮起する熱い男のストーリーを是非ご覧ください。

https://www.pr-table.com/tfe/stories/812

f1989c22b00dedb4b9a380d9dd2b19e901faabe4

【開業秘話】商店街の空きスペースを改装して開講

 兵庫県尼崎市の商店街の空きスペースを改装してオープンしたプログラミング教室「三和キッズプログラミング」のストーリーを公開しました。

 

地域が抱える悩みを間近で見てきた馬場さんが臨む、プログラミング教育の可能性と社会的役割を考えます。
https://www.pr-table.com/tfe/stories/821

e61f8b67061c00381309138089d7c93b916b3dff

【開業秘話】子どもの少ない十日町にプログラミング教育を

「私の幸せは、誰かの喜びとともにある」

新潟県十日町市で「十日町パソコンカレッジ」を運営する北野奈々子さんのストーリーを公開しました。

https://www.pr-table.com/tfe/stories/767

講師たちと

 

英語×プログラミングに対する取り組みを開始

英語×プログラミングに対する取り組みを開始

~Tech for elementaryが提供する子供向けプログラミング教材の英語化をスタート~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、「Tech for elementary(以下TFE)」が提供している「はじめてのプログラミング」の教材の英語化を完了し、今後開発する教材の全てを英語化していく計画であることをお知らせいたします。

 

TFEは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションの元、「プログラミング教育における地域格差を解消する」ことをビジョンに、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しています。事業開始約1年半が経過した現在、全国で130以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室のような既存教室だけではなく、主婦や高齢者などの個人が自宅で開校するケースなどもあります。

 

これまでTFEでは、英会話教室やインターナショナルスクールに対しても、日本語の教材を提供してきていました。しかしながら、これらの英語教育を行う教室から「英語でプログラミングを学ばせたい」という声が多く寄せられてきており、また、同様の声を直接保護者から聞く機会が増えていました。

 

これらに対してこれまでTFEでは「英語とプログラミングは同時に学べるものではない」と考え、教材の英語化は見送ってきました。しかし、英語化を要望する加盟社の方から直接話を聞き、英語を学ぶ教室を通じてプログラミングに興味を持つ子供が増やせること、英語教育のプロの力を借りることができれば、子供たちの可能性を大きく広げることにつながるのではないか、という結論にたどりつきました。

 

そこでまずは、Scratchを使った初級コースである「はじめてのプログラミング」の教材(映像教材、生徒用ガイド、講師用ガイド)の全てを英語化しました。Scratch自体は英語をはじめとした多言語化されたソフトであるため、誰でも教えることができるTFEの教材を英語化することで、英語教育のプロであれば「英語でプログラミングを教える」ことは可能と考えました。実際に、東京都内の教室において実証実験を終え、スムーズに授業が進められることを確認しています。

 

TFEでは、今後も教材の英語化を順次すすめていく予定です。また、英会話教室を運営する大手企業と提携し「英語もプログラミングも学べる場」を増やすことによって、「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションと「プログラミング教育における地域格差を解消する」というビジョンの達成を目指します。

 

少しでも私たちのミッションとビジョンに共感し、一緒に「英語×プログラミング」について取り組みたい企業関係者、教育関係者の方は、お気軽に下記からお問合せ下さい。

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia サイト:http://www.tfe.tokyo/