子ども向けプログラミング教室のFCを展開するブログ

キッズプログラミング教室のFC(フランチャイズ)事業を展開しているTech for elementaryのブログ

38都道府県126市区町村で無料体験会

38都道府県126市区町村でキッズプログラミングの無料体験会を開催

~子ども向けプログラミング教室「Tech for elementary」の加盟教室が160教室を突破~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役社長:尾市守)は、2018年3月に全国38都道府県126市区町村において、キッズプログラミングの無料体験会を開催することをお知らせいたします。

 

Tech for elementary(以下TFE)は「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションと「プログラミング教育における地域格差を解消する」ことをビジョンに、映像授業をベースとしたプログラミング教室を全国にFC展開しております。事業開始後約1年半が経過しましたが、日本全国で160以上の教室にご加盟を頂いています。各加盟教室では4月開講に向け、3月にキッズプログラミングの無料体験会を開催します。以下が開催する地域になります。

 

【北海道】

帯広市滝川市函館市

 

【東北】

青森県五所川原市十和田市

宮城県大崎市仙台市登米市

福島県福島市郡山市

 

【関東】

茨城県水戸市つくばみらい市

群馬県高崎市前橋市

栃木県: 小山市足利市

埼玉県:さいたま市久喜市熊谷市坂戸市所沢市上尾市深谷市川越市川口市本庄市蕨市

千葉県:木更津市市川市千葉市習志野市勝浦市南房総市柏市流山市

東京都:杉並区、板橋区千代田区、足立区、小金井市、八王子市、東久留米市あきる野市三鷹市、渋谷区、昭島市、世田谷区、文京区、墨田区練馬区

神奈川県:秦野市厚木市相模原市横浜市鎌倉市

 

【中部】

新潟県十日町市

富山県高岡市

福井県坂井市福井市

石川県:七尾市

長野県:佐久市安曇野市松本市長野市北安曇郡

山梨県笛吹市中央市

静岡県焼津市駿東郡田方郡

愛知県:日進市安城市稲沢市岡崎市名古屋市

岐阜県揖斐郡

 

【近畿】

三重県名張市

京都府城陽市京田辺市京都市

滋賀県守山市草津市大津市

大阪府堺市堺区、堺市中区堺市北区大阪市住吉区大阪市天王寺区大阪市平野区大阪市北区大阪市淀川区茨木市豊能郡枚方市狭山市

兵庫県姫路市三木市尼崎市宝塚市

奈良県奈良市

 

【中国】

岡山県倉敷市備前市岡山市

広島県福山市

山口県宇部市

島根県松江市

 

【四国】

香川県高松市

徳島県徳島市

 

【九州】

福岡県:糟屋郡春日市

長崎県長崎市大村市諫早市

熊本県球磨郡熊本市

宮崎県:延岡市都城市宮崎市

鹿児島県:鹿児島市

 

【沖縄】

沖縄県浦添市

 

体験会を申込み頂く際には、下記のサイトより開催日時や住所、連絡先等を確認してお申込みください。

http://www.tfe.tokyo/school

 

TFEでは、今後も全国各地で開催されるキッズプログラミングの無料体験会に関する情報を積極的に発信し、「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションと「プログラミング教育における地域格差を解消する」というビジョンの達成を目指します。

少しでも私たちのミッションとビジョンに共感し、プログラミング教育の可能性とFCへの加盟に興味を持っていただけた方は、お気軽に下記からお問合せ下さい。

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo

ZOOMを活用したオンラインサポートを提供開始

プログラミング教室向けのサポートサービスを開始

~Tech for elementaryがZOOMを活用したオンラインサポートを提供~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、「Tech for elementary(以下TFE)」で培ったノウハウを基に、Web会議システムである「ZOOM(https://zoom.us/)」を活用し、プログラミング教室向けのサポートサービスを開始することをお知らせいたします。

 

TFEは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションの元、「プログラミング教育における地域格差を解消する」ことをビジョンに、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しています。事業開始後約1年半現在、全国で150校以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室のような既存教室だけではなく、主婦や高齢者、フリーのエンジニアが自宅で開講するケースなどもあります。

 

これまでTFEでは様々なテクノロジーを活用し、効率的な運営を行ってきました。代表的なのは映像授業を配信するクラウド型学習管理システムなどです。加盟教室の運営サポートに関しても、ファイル共有/FAQサイト/Facebookグループを構築し、加盟者の自己解決あるいは加盟者同士による解決を推進してきましたが、加盟教室の多様化や期待値の増大に伴い、より個別ニーズに対応するサービスを提供する必要が出てきました。

 

今回ZOOMを活用したオンラインサポートの提供に至った理由としては、ZOOM自体が使いやすく、高品質な通話を多人数でできる為、全国の加盟教室に対し高品質なサービスを効率的に提供できること、クラウドレコーディングにより蓄積や共有が容易なこと、そして、ZOOMという存在が日本の教育業界で注目され、導入事例が増えてきていることが大きな要因としてあります。

 

サポートメニューとしては、子供向けプログラミング教育言語「Scratch」の学習・添削/体験会開催の為のトレーニング/教室運営コンサルティングといった、本部:加盟者が1:1のサービスだけでなく、オンラインサロンといった、本部に加えた外部のプロフェッショナルや講師等と様々な加盟者が参加するN:Nのサービス(研修や講演等)も提供しています。サポートは、当面はTFEの加盟教室のみを対象としていますが、将来的にはTFEに加盟していなくともサポートを受けられるようにしていく予定です。また、教室運営者だけではなく、生徒や教育委員会、学校を直接サポートするようなサービスも構想しています。

 

TFEでは、今後も様々なテクノロジーを活用して、オンラインサポート充実させ、プログラミング教室ひいてはプログラミング学習者に貢献することを目指します。直近ではチャットボットによる情報提供サービスを企画中で、中長期的にはAI(機械学習/深層学習)の活用も視野に入れています。社会情勢や事業環境、ステークホルダーの状況に合ったテクノロジーを積極的に活用し、プログラミング教育の普及に努めていきたいと考えています。

 

TFEでは、今後も最新のテクノロジーを活用したサービスを開発提供していく予定です。プログラミング教育に関するテクノロジーやプロダクトを提供している企業関係者の方々は、お気軽に下記からお問合せ下さい。

 

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo

STEAMコースを新規開講し、既存のコースを統合 ~Tech for elementaryが提供講座をSTEAMに基づいたコンセプトに再編成~

STEAMコースを新規開講し、既存のコースを統合

~Tech for elementaryが提供講座をSTEAMに基づいたコンセプトに再編成~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、「Tech for elementary(以下TFE)」で提供している既存のコースを、「STEAM(Science:科学、Technology:技術、Engineering:工学、Art:芸術、Mathematics:数学)」のコンセプトに基づいて再編成し、今後の講座もこれに沿って提供していく計画であることをお知らせいたします。

 

TFEは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションの元、「プログラミング教育における地域格差を解消する」ことをビジョンに、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しています。事業開始後約1年半現在、全国で150校以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室のような既存教室だけではなく、主婦や高齢者、フリーのエンジニアが自宅で開講するケースなどもあります。

 

これまでTFEでは「プログラミング」から始まり、「ロボット」「動画制作」、最近では「3D イラスト」等、デジタルによるモノづくりにコースを拡充してきました。これらのコースは基本的に加盟教室からの要望や生徒の実情を見越して開発してきたものであり、体系化されたコンセプトに基づいた開発ではありませんでした。

 

今回のSTEAMに基づくコース再編に至った理由としては、STEM教育(STEAMからArtの要素を除いたもの)の認知度の高まりも踏まえつつ、現在そして今後TFEが提供していく講座の方向性を踏まえたものとして、「STEAM」という言葉が適切であったことが大きな要因としてあります。

 

STEAMコースでは、従来のScratchを中心としたプログラミングのコースだけではなく、ロボット制御や電子工作、数学と理科等の従来のSTEM教育の主要科目だけでなく、Art要素である動画やイラスト制作などを加え、より創造力・表現力・探求心を育めるカリキュラムを提供しています。本コースの再編により、従来加盟教室はコース毎に契約料を支払う必要がありましたが、今後は全てのコースを追加のコース契約料を支払うことなく加盟者は各教室で提供できるようになります。

 

TFEでは、2018年4月よりこのSTEAMに則った講座提供を開始します。プログラミングコースはScratchだけで約4年分になり、WebアプリとUnityも加わる予定です(iOSアプリは2018年10月以降提供予定)。ロボットや電子工作においては、Ozobot,Sphero,Airblock,Rasberry Pi 等のハードを使用する講座も提供します。また、マインクラフトを使った短期講座も提供する予定です。STEAMというコンセプトにより、子どもたちにとってプログラミングだけでは得にくい素養が養えるのではと考えています。

 

 TFEでは、今後もプログラミングをはじめとしたSTEAMに基づいた講座を順次提供していく予定です。STEAM教育に興味がある教育関係者、企業関係者の方々は、お気軽に下記からお問合せ下さい。

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。 

E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo

教室の開講ストーリーを一斉公開

全国で輝くプログラミング教室の開講ストーリーを一斉公開

~Tech for elementaryの加盟教室の開講までの物語を電子書籍化~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、「Tech for elementary(以下TFE)」に加盟しているプログラミング教室の開講までの経緯を、ストーリー仕立てにまとめて電子書籍化することをお知らせいたします。

 

TFEは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションの元、「プログラミング教育における地域格差を解消する」ことをビジョンに、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しています。事業開始約1年半が経過した現在、全国で150以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室のような既存教室だけではなく、主婦や高齢者などの個人が自宅で開講するケースなどもあります。

 

これまでTFEでは、加盟教室に関する様々な情報発信をしてきました。しかしながら、情報発信のほとんどは加盟教室数等の定量情報をはじめとした事実に基づいた情報であり、開講希望の方々から「実際にどんな方々が教室を運営しているのか」「その方々はなぜプログラミング教室をはじめたのか」という声が多く寄せられてきていました。

 

これらに対してこれまでTFEでは、個別説明や見学仲介等を行ってきました。しかし、開講希望者もさることながら、加盟者自体もが増え、TFE本部としても、加盟者の人となりや教室開講に至る動機を知り、それを広く情報発信していくことによって、よりプログラミング教室に興味を持つ人を増やせるのではないか、という結論にたどりつきました。

 

そこでまずは加盟教室にインタビューし、なぜプログラミング教室を開講するに至ったのか、事実だけでなく教室開講にかける想いも汲んだ形でとりまとめることにしました。インタビューは1記事完成するごとにWebでも公開し(https://www.pr-table.com/tfe)、情報の鮮度と拡散性を維持向上することに努めました。そして、子どもたちへのプログラミング教育への熱い想いを持ちながら、ぞれぞれに全国で輝く加盟者の教室開講のストーリーをたくさんの人に知ってもらいたく、この度、出版する分量に達したことを契機に一旦とりまとめました。まずは資料請求者に対し電子ファイルによる無償提供を行い、近日中には電子書籍の形式にし、Amazon等のブックストアで無償提供していく予定です。

 

TFEでは、今後も加盟教室へのインタビューを実施し、開講ストーリー等の記事化・電子化を順次すすめていく予定です。また、将来的には「地方創生・地方活性化」「女性活躍」「働き方改革」「シニア世代の新しい生き方」のような様々な視点で編集し直し、「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションと「プログラミング教育における地域格差を解消する」というビジョンの達成を目指します。

 

少しでも私たちのミッションとビジョンに共感し、プログラミング教育を盛り上げたい出版関係者の方は、お気軽に下記からお問合せ下さい。

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia サイト:http://www.tfe.tokyo/

「プログラミングで算数を学ぶ」教材を公開

「プログラミングで算数を学ぶ」ための教材を無償公開

~「ScratchMaths」を翻訳し、Tech for elementary.schoolで公開~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、UCL(University College London)が提供しているプログラミングで算数を学ぶための教材「ScratchMaths」を日本語訳し、運営する小学校向けプログラミング教育サイト「Tech for elementary.school(http://www.tfe.school/)」において無償公開を開始したことをお知らせいたします。

 

弊社は映像授業をベースとしたプログラミング教室「Tech for elementary(以下TFE)」をFC展開し、事業開始約1年半が経過した現在、全国で150以上の教室を開講しています。そして昨年10月、近隣の加盟教室の講師を小学校に派遣し、教員の研修を行うことを試みる「Tech for elementary.school(以下TFEDS)」を開設しました。

 

これまでTFEDSではTFEで使用している教材を活用し、小学校向けにサービスを提供していました。しかしながら、学習指導要領に定められている「教科等における学習上の必要性や学習内容と関連付けながら計画的かつ無理なく確実に実施されるものであることに留意する必要がある」を満たすためには、教科と関連付けられた教材を開発する必要がありました。

 

これに対してTFEでは「教科に関連付けた教材を開発するにはコストや不確実性が高すぎる」と考え見送ってきましたが、「ScratchMaths」のように、既に海外で高い評価を得ている教材の翻訳という形であれば取り組みやすく、また、小学校におけるプログラミング教育導入のきっかけづくりにもなるのではないか、という結論にたどりつきました。

 

今回日本語訳したファイルは、全6モジュールのうちの1モジュール分のうち、翻訳可能になっているファイルになります(対象のモジュールに関する解説や、元ファイルのダウンロード等は下記URLを参照)

http://www.ucl.ac.uk/ioe/research/projects/ScratchMathss/curriculum-materials/module-1-tiling-patterns

内容は「Scratch2.0の『繰り返し』『スタンプ』を使って幾何学模様を描く」もので、対象年齢は10歳前後以上を想定しています。また、コンテンツは右記URLからダウンロードが可能です。http://www.tfe.school/#_7  なお、当コンテンツはクリエイティブコモンズライセンスに則った形でご利用ください。

 

TFEでは、今後も全国の小学校におけるプログラミング教育の実践をサポートし、「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションと「プログラミング教育における地域格差を解消する」というビジョンの達成を目指します。

 

少しでも私たちのミッションとビジョンに共感し、一緒にプログラミング教育の実践をしたい学校関係者の方は、お気軽に下記からお問合せ下さい。

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia 特設サイト:http://www.tfe.school/

3Dイラストコースを開講

子供向け3Dイラストコースを新規開講

~Tech for elementaryが3Dプリンタに出力できるイラスト講座を提供~

 

株式会社エクシード(本社:東京都足立区、代表取締役:尾市守)は、(本社:東京都台東区代表取締役:笹渕 正直)が提供するソフトウェア「Shapeasy」「マジカルスケッチ 3D 」を使った、3Dイラストコースを、「Tech  for elementary(以下TFE)」の新規コースとして開講したことをお知らせいたします。

 

TFEは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションの元、「プログラミング教育における地域格差を解消する」ことをビジョンに、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しています。事業開始後約1年半の現在、全国で約150校の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室のような既存教室だけではなく、主婦や高齢者、フリーのエンジニアが自宅で開校するケースなどもあります。

 

TFEではScratchを中心に「プログラミング」を学ぶコースを提供してきましたが、2017年7月に「映像クリエイターコース」をリリースし、プログラミングにとどまらない「デジタルを使ったモノづくり」に領域を広げています。この動きは基本的には生徒の興味関心や加盟教室の要望に基づいたものでした。

 

今回の「3Dイラスト」コースの制作に至った理由としては、既にいくつかの加盟教室で3Dプリンタが導入され実際に子供が使用する実績が出てきたこと、3D プリンタの購入あるいは出力コストが急激に下がってきていること、そしてモノづくりにおける3D プリンタの重要性が高まり、子どもたちの興味関心も高まってきていることなどが、大きな要因としてありました。

 

コースで使用する「Shapeasy」「マジカルスケッチ 3D 」は、子供向けの3Dイラスト制作のためのソフトウェアとして、小中学校をはじめとした多くの導入実績があります。また、両者ともに使いやすいのはもちろんのこと、2つのソフトウェアでできること/できないことが明確である為、挫折せずに段階的に学べます。そして、提供価格が安価である為、加盟教室や生徒・保護者への経済的負担も少ないという理由から、採用にいたりました。

 

TFEでは、今後は「STEAM(Science:科学/Technology:技術/Engineering:工学/Art:芸術/Mathematics:算数)」というコンセプトのもとにコースを再編し、より多くの子供が、プログラミングをはじめとしたデジタルによるものづくりの楽しさや感動を知るきっかけを提供していきたいと思っています。そして、STEAMコースを通じた学びは、子供たちに対して学問本来の面白さに気づき、世界への知的好奇心を引き出すような効果を生むのではと考えています。

 

TFEでは、今後も映像やイラスト等をはじめとする「Art(芸術)」領域でのコースを充実させる予定です。子ども達へのデジタルアート教育に興味がある方は、お気軽に下記からお問合せ下さい。

 

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo

【開業秘話】夢はプロゲーマー!息子のために自宅で開講

息子さんのために山梨県の自宅でプログラミング教室を開講した素敵なママさんのストーリーです。

是非ご覧ください。
https://www.pr-table.com/tfe/stories/815

c44dae1dc6063d29566d85dc433a2c99f5b55a67