子ども向けプログラミング教室のFCを展開するブログ

キッズプログラミング教室のFC(フランチャイズ)事業を展開しているTech for elementaryのブログ

ティミオが日経新聞に掲載

弊社が独占販売しているプログラミング教育用ロボット「ティミオ」が日経新聞に掲載されました。

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO46549790V20C19A6TCN000/?fbclid=IwAR2u0PVfOypefx2SixFqdhb8kXJuT4BQ8uVvuv5I-ejamVSbwcPhEUpKebI

http://sofa-japan.org/2019/06/26/thymio/?fbclid=IwAR13m4j83z39NrG5SsVg9xlphXPIfp3IkFmVn5KFZ9N7AVEdCbeeFPeDO8s

スイスの大学で開発されたティミオは、とてもユニークなプログラミング教育用ロボットです

ご興味ある方は是非下記サイトを見てみてください!

https://www.thymio.jp/

副業したいエンジニア限定キャンペーン

副業したいエンジニア限定、プログラミング教室開講キャンペーン

~知識を活かして月2回稼働で月6万円以上得られるおすすめの副業です~

 

株式会社エクシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾市守)は、プログラミング教室で副業したいエンジニアが「Tech for elementary(以下TFE)」にお得な条件で加盟できるキャンペーンを開始することをお知らせします。

 

TFEは映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開し、事業開始3年が経過した現在、全国でのべ300以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室/主婦や高齢者と多岐にわたります。

 

特に最近は、解禁の波を受けてか、副業として加盟される方が多く、教室全体の約8%を占めます(業態シェアランキング4位)。そのほとんどがエンジニアで、自宅の空きスペースで開講し、月2日稼働(1日あたり2時間前後)で月平均6万円、最大で10万円近くの売上をあげる方もいます。

 

一方で、エンジニアが副業することによって、過重労働により本業に支障をきたす例も出てきています(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44823370V10C19A5000000/)。スキルを活かそうとクラウドソーシング経由で開発や改修を請負い、納期に追われたりする場合などです。エンジニアがTFEに加盟し、プログラミング教室を開講するメリットは以下があげられます。

 

  • 知識を生かしつつも、低負荷で行える(映像授業を活用して教え、サポートするのみ)
  • 時間に追われず、特定の曜日・時間帯で効率的に行える(開講日時を決められ、かつ短時間)
  • 教材ボリュームが多く、継続的な収益を見込みやすい(様々な要望に応え、長く通ってもらえる)
  • 地域とのつながり、子供たちの触れ合いでやりがいを持てる(自身の子供にも教えられる)

 

今回は、さらにエンジニアが副業としてプログラミング教室を開講することを応援するため、以下の内容でキャンペーンを実施します。

・エンジニア経験があれば応募可能(現業が営業などのエンジニア外の職種でも可能です)

・2019年9月末まで、先着9名様限定(社員証などの提示が必要です。秘密厳守します)

・初期費用をキャンペーン価格からさらに50%Off(6月末までだったキャンペーンを限定で延長します)

・ロイヤリティの発生を2020年1月からに延長(通常は申込翌月から発生します)

 

エンジニアの皆様、この機会に是非TFEと一緒に子ども向けのプログラミング教室をスタートさせませんか?ご興味我ある方は、以下から、資料請求やお問合せをください。

 

資料請求:http://www.tfe.tokyo/fc

問い合わせ:info@tfe.asia

マイクラでプログラミングを追加開発

マインクラフトでプログラミングを学ぶ講座を追加開発

~Tech for elementaryがMinecraftを使った講座を3倍に拡張~

 

株式会社エクシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾市守)は、Minecraft (以下マイクラ)を使ってプログラミング的思考を学ぶ講座「マイクラでプログラミング」を追加開発し、リリースすることをお知らせいたします。

 

弊社は「Tech for elementary(以下TFE)」というブランドで、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しています。事業開始3年が経過した現在、全国でのべ300以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室/主婦や高齢者と多岐にわたっています。

 

TFEで2018年5月にリリースした「マイクラでプログラミング」は、人気のマイクラを使ったということもあり、瞬く間に人気講座となりました。ある教室では夏休みに開講したところ、20名の生徒集客に成功した事例もあります。しかし、講座は全4回の短期講座であり、通学講座として提供できていませんでした。

 

そこで今回、リリースから1年が経過し、多くの生徒集客の実績と加盟教室からの要望の声があることから、全4回だった講座を8回分追加開発し、全体のボリュームを12回という、従来の約3倍に拡張しました。追加開発した内容は以下になります。

 

講座5:関数/講座6:変数/講座7:その他いろいろな命令/講座8:レッドストーン回路を覚えよう/講座9:レッドストーン回路を覚えよう②/講座10:チャレンジ集/講座11:チャレンジ集②/講座12:チャレンジ集③

 

埋め立て

池を自動で埋め立てるプログラミング

https://youtu.be/NtWMpBvM_QA

 

本講座では、Scratchなどのビジュアルプログラミング言語に近いインターフェースが用意されているComputerCraftEdu(以下 CCEdu)というマイクラの拡張ツールを採用しています。しかし、今後の追加開発においては、マイクラ教育版やPythonなどテキストプログラミング言語を学ぶ講座の開発も視野にいれております。

 

弊社では、今後もマイクラを使った教材を開発し、プログラミングの楽しさ・面白さを伝えて興味を高め、一人でも多くの子供たちがプログラミングを学ぶきっかけを提供していきたいと考えています。本講座の教材は、弊社が6月に出展する教育ITソリューションEXPOにて展示いたしますので、ご興味がある教育関係者様は是非ご来場ください。

 

---------------

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo

「ものづくりプログラミングコース」をリリース

東京学芸大こども未来研究所が開発のSTEMコースをリリース

~科学/技術/工学/算数/プログラミングを総合的に学ぶ講座を提供~

 

株式会社エクシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾市守、以下弊社)は、特定非営利活動法人 東京学芸大こども未来研究所(本社:東京都小金井市、理事長:鉃矢悦朗、以下こども未来研究所)とともに、STEM教育を推進する講座「ものづくりプログラミングコース」をリリースしたことをお知らせいたします。

 

弊社は「Tech for elementary(以下TFE)」というブランドで、映像授業をベースとしたプログラミング教室をFC展開しています。事業開始3年が経過した現在、全国でのべ300以上の教室を開講しており、加盟者は学習塾/パソコン教室/英会話教室/主婦や高齢者と多岐にわたっています。

 

これまでTFEでは、Scratch等のプログラミングだけでなく、ロボットやドローンの制御、3Dプリンタを使った工作、動画制作等のSTEM教育を意識したコース展開をしてきました。しかしながら、科学の法則性や物理的なものづくり等を学ぶコースは提供しておらず、厳密にはSTEM教育のコンテンツとして不足がありました。

 

一方で、こども未来研究所では、東京学芸大学の教育ノウハウを活用し、様々な形でSTEM教育を推進し、その成果を地域に還元してきました。そして、今後はより広く社会に還元をしていく為、プログラミング教室等への提供・展開を検討しており、今回の共同開発に至りました。

 

本講座では、台湾の教育ブロックメーカーGigoを使用し、サイエンスとプログラミングの2つのコースを提供します。例えば、サイエンスでは水力発電を、プログラミングでは信号機をGigoブロックで制作したりしながら、発電の仕組みやプログラミングのアルゴリズムについて学んでいきます。

 

各コース全10テーマ(1テーマ平均2回の授業)の計42コマ前後の授業ボリュームとなっており、全テーマに指導案、ワークシート、授業資料、手順書等が用意されており、授業や学習を補助してくれます。本講座および教具は、弊社が6月に出展する教育ITソリューションEXPOにて展示いたしますので、ご興味がある教育関係者様は是非ご来場ください。

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。

E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo

9都市でプログラミング教室開講のためのセミナーを開催

 

これまでTFEでは、オンラインおよび東京と大阪などの大都市を中心にフランチャイズ加盟説明会を行い、多くの方々にご参加頂いてきました。2019年1月以降は参加と加盟が急増し、教室数は50以上増加しています。

特に、関東近辺においては資料請求も急増しており、近隣での説明会開催や個別訪問の要望が相次いでいました。そこで弊社では、以下の内容で説明会を開催する運びとなりました。

 

(開催都市/開催日)

東京=5/17、5/30、6/27、新潟市=5/13、宇都宮市=5/20、高崎市=5/21、水戸市=5/22、長野市=5/23、静岡市=5/24、大阪市=6/3、京都市=6/4

 

(開催時間)

東京=10:30~12:00(5/17),13:30~14:45(5/30,6/27)

東京以外の都市=13:30~14:45

 

(開催場所)

東京=コンパスオフィス目黒

東京以外の都市=申込者に個別にお知らせします(主要駅の近くとなります)

 

(申込URL)

https://goo.gl/forms/lQBCGVkBzTuX0wm63

 

全ての日程において代表の尾市がプログラミング教室の実情や事例の紹介を行い、参加者皆様の疑問や質問にお答えします。また、当日説明会にご参加できない方も「個別に直接ご訪問」させて頂くことができる場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。

(個別訪問問い合わせ先)

info@tfe.asia

 

オンライン説明会も開催中

5/9@13:30~15:00、5/20@15:30~17:00、

6/11@10:00~11:30、6/26@13:30~15:00

開催URL:参加お申込みいただいた方に個別に送信します

 

(申込URL)

https://goo.gl/forms/lQBCGVkBzTuX0wm63

 

個別相談会@オンラインor目黒も受付中

上記お申込みURlよりお気軽にご相談日程を連絡ください

 

各地のたくさんのプログラミング教育、プログラミング教室にご関心がある方々にお会いできることを楽しみにしております。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

3年で300教室・2000生徒のプログラミング教室に

Tech for elementaryが日本最大級のプログラミング教室としてさらに成長~

 

株式会社エクシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾市守)は、子供向けプログラミング教室のFC事業「Tech for elementary(以下TFE)」が、事業開始から3年で300教室以上が加盟し、2000人以上の生徒が通っていることをお知らせいたします。

 

TFEは2016年4月より、映像授業をベースとした「プログラミング教室」をFC展開しています。事業開始から3年が経過した現在、日本国内ではのべ300以上の教室・2000人以上の生徒が通う教室となりました。2018年6月時点でTFEの教室数はのべ200教室・1000生徒であったため、1年間で100教室、生徒数1000生徒のペースで増加しています。

f:id:moichi_exseed:20190415161023j:plain

授業風景の一コマ

TFEは「一人でも多くの子供たちにプログラミングの機会を提供する」というミッションと「プログラミング教育における地域格差を解消する」というビジョンを掲げて事業を推進してきました。昨年度は、教材においてはScratch3.0やRubyのリリース、サポートにおいてはオンラインによる事例共有セミナーの開催、そして、ITキャンプや企業とのイベント共催など、競争力向上と新しい機会の発掘に努めてきました。

 

今年度も引き続きマイクラMinecraft)やUnityなどの教材開発などはもちろん、学校/企業/地域社会などで開催されたイベントノウハウの共有を図っていく予定です。特に今年度の上期においては、生徒数が多い、あるいは先進的な取り組みを行っている教室のエンパワーメントに努め、そのベストプラクティスの横展開や影響力を波及させる施策を実施していく予定です。

 

TFEでは今後も様々な教材やサービスの開発を進めながら、日本や世界で影響力のあるプログラミング教室になることを目指したいと考えています。特に日本のプログラミング教育は来年度にプログラミング必修化を控え、今年度は大きな節目の年になることが予想されます。プログラミング教育に少しでも興味がある個人・企業・組織団体様、是非お気軽にお声がけ頂ければ幸いです。

 

 

本件の取材及びお問い合わせ先

取材のお手数をおかけしないように取材関連資料をご用意しております。お気軽にお問合せください。 

E-mail:info@tfe.asia Webサイト:http://www.tfe.tokyo