読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども向けプログラミング教室のFCを展開するブログ

キッズプログラミング教室のFC(フランチャイズ)事業を展開しているTech for elementaryのブログ

親が子どもにプログラミングを習わせたい理由

とある調査で、親がプログラミング教室に子どもを行かせる、行かせたい理由が載っていました。以下だそうです。

 
【習わせている理由】
パソコン関連(プログラミング):本人が行きたいといったので
 
【習わせたい理由】
パソコン関連(プログラミング):将来仕事に結びつきそうだから
 
前者は子どもの意思を尊重してますが、後者はなかなかあれですね(笑)
親としてはお金を出すので当然ですが
 
私個人の意見は
 
・子どもにプログラミングの適性があるか見たい(皆が職業とするほどの適性があるわけではないので)
・プログラミングを通じて世の中への理解が深まる(これはこう動いてるからこうなはずだ的な)
・読み書き算盤的な物として初歩程度を身につけてほしい(何かやりたい時にとっかかりくらいは出来る、他人に依頼出来るくらいは)
 
などが主な理由です。
 
何となくですが、日本でプログラミングを本職=一生の仕事とするのは、よほどの適性や機会がない限り難しい、厳しいのではと思っています。
 
それよりも、一般教養や現代社会のリテラシーとして最低限の知識やスキルを身につけ、そういった本職とコラボレーション出来るようのなって欲しい、というのが今のところの気持ちです(ただ私もプログラマーのキャリアや労働環境の実情や変化をそれほど把握してるわけではないですが)