読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども向けプログラミング教室のFCを展開するブログ

キッズプログラミング教室のFC(フランチャイズ)事業を展開しているTech for elementaryのブログ

プログラミング教室ワークショップ開催に必要なこと

現在、長野県松本市で今年の8月にワークショップを開催することを目標に、何人かで準備を行っています。

 

開催準備にあたって色々検討しているのですが、その内容をシェアします。
内容的にまだ確定しておらず、抜け漏れはあるかと思いますが、ご参考までに。

 

<前提(開催内容)>

 

いつ:  日時や日数、1コマあたりの時間など

 

どこで:  開催する場所、会場など

 

誰が:  スタッフの人数、役割(講師、司会、サポートなど)

 

誰を : 募集する生徒人数、対象年齢・学年、保護者の同伴など

 

なぜ : 開催する目的(プログラミングに慣れ親しむなど)

 

何を : 教える内容(Scratchを使ったプログラミング実習など)

 

どうやって:  日程の詳細(1日目:講義&実習、2日目:作りたいプログラムを作る、発表会など)、持ち物(ノートPC、昼食など)

 

いくらで:  受講料、回収タイミング(事前に振込など)

 

<必要なこと(準備、実行すべきこと)>

 

ハード確保:  会場(ネット利用可でアクセスが楽なところ、保護者も入れるところなど)、PC(Scratchインストール済みで無線LAN/ブラウザ利用可なノートPCなど)、撮影用のカメラ/ビデオ

 

ソフト確保:  生徒用資料(時間割、レジュメなど)、講師用資料(投影説明用、指導案/タイムテーブル、操作説明の動画ファイルなど)、アンケート(生徒/保護者用のアンケートなど)

 

プロモーション:  チラシ制作(用紙、制作数など)、ポスティング(どういうところに何枚配るか)、営業活動(チラシの設置依頼、地元のメディア、企業、学校、行政回りなど)

 

申込受付:  TEL/FAX/E-mail/Webによる申込受付の準備

 

体制構築: 役割別の人数、担当のアサイン(受付、司会進行、講師、サポートなど)、サポートスタッフの募集、採用、教育

 

現在は、とりえあず上記についてざっくり決めてしまい、個々の検討事項に関してはオンライン上で議論していく、というスタイルで進めています。

 

現在チーム内で課題になっている事項に関しては、次回の記事で共有したいと思います。