読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子ども向けプログラミング教室のFCを展開するブログ

キッズプログラミング教室のFC(フランチャイズ)事業を展開しているTech for elementaryのブログ

プログラミング教室でのアルバイトの面接で話すこと

だいぶ久しぶりの投稿になります(汗)

 

忙しかったのもありますが、PCに向かってもテーマが浮かばず・・・
今日は武蔵小杉の教室でのアルバイトに応募して頂いた方の面接がありました
早速これはネタになりそうと思ってPCを叩いている次第です(笑)

 

今日は

 

プログラミング教室でのアルバイトの面接で教室側が話すこと

 

についてまとめてみたいと思います

 

1 雑談

今日面談に来てくれたのはスーパーハイスペックな学生だったのですが、
(しかもイケメン・・・)
やはり学生なので、少し緊張していた感じでした。
なので、最初は雑談というか、自己紹介や教室を始めた経緯など、
何でもよいので軽い話をしました。
人によってはジョークなども言えるのかもしれませんが、
私は比較的堅苦しい人間なので(笑)、
自分のキャリアや教室を始めたきっかけなどをざっくばらんに話しました。
相手の表情や自分の性格に合わせてフランクに話せればいいのかなと思います。

 

2 教室でのアルバイト募集をしったきっかけ

これはどういう経路で知って、なぜ応募したたのかということですね
今回の募集は実は大学の掲示板(教室付近で5校ぐらい)と、
自社Webサイトのみしかやってませんでした
実際の応募はWebサイトは「地域名 プログラミング教室 アルバイト募集」
のようなキーワード検索でたどり着いて、自社Webサイトで見たということでした。
あとは、俗にいう応募理由や志望動機になるのでしょうか
今回は明確には聞かなかったのですが、前のアルバイトがちょうど終わったのと、
新しい何かをやってみたい、という感じでした

 

3 どこで何を勉強しているか

これは、大学名、学部、研究テーマ、卒論などになりますね。
プログラミングに関係したものがあれば掘り下げて聞いたり、
話を広げてもいいかもしれません。
今回は理工系の学生で、関係ある部分が少しあったので、関連する事柄を話しました。
あとは、サークル活動とか、就職希望先とか聞いても良いかもしれません。

 

4 アルバイト歴

相手が学生という意味においては結構意味があることなのかな、と思います。

アルバイトをやったことがないという話になると、少し大変な部分があると思うので。
今回の学生は塾講師や家庭教師の経験があるということで、
たまたま教える経験があったのですが、

 

・子どもに教えた経験はあるか?

 

という質問は今思うとMUSTかもしれません。

 

5 働ける曜日、時間帯

これは当然必ず聞くことですね。
教室を開いている時間帯に来てもらえないと面接する意味がないので。
開いている中でどのぐらい働けるのかということも大事ですが、

 

・どのぐらい働きたいか=どのぐらい稼ぎたいか

 

というのも確認する必要があるでしょう。もちろん

 

・いつから働けるか

 

というのも確認が必要です

 

6 基本情報(出身、最寄り駅・住所、連絡先など)

普通は履歴書を用意して、という話になるのかもしれませんが、
履歴書を用意させるのが好きではないのと、そういう情報は必要だけど本質ではないので、一番最後に聞きました。
ただ、IDは必要なので、証明書の写しをもらいました。さすがに、大切なお子様をお預かりし、接する仕事なので、逆にそこはしっかりしておかないとと思ったからです。
(履歴書はいくらでも嘘を付けますので)

 

7 スキル

最後に忘れたかのように聞いたのですが、冷静に考えると優先度高いですね(笑)

主に、ITリテラシーについてなのですが、具体的には

 

・プログラミング経験
・PCスキル(Excel、パワーポイントなど含む)

 

といったところです。

 

講師だけではなく他の作業等もお願いたい場合は、関連スキルも確認しましょう。

 

8 学生からの質問

学生からの質問は受け付けたほうが良いと思います。
それによって、興味の度合いや積極性、知力を推し量ることができるからです。

 

とりあえず今日は上記のような話を30分ぐらいしました。
結果としては、是非お手伝いしてほしいということで、
早速来週から来てもらうことにしました(笑)。
なお、結論を出したときに話したことは以下です。

 

9 条件面

いわゆる、時給、交通費、曜日、時間帯、開始日、ですね。
あとから逆に学生に聞かれたのですが、服装なんかも話したほうが良いでしょう。
(今思うと、PCの有無や持参可能か否かも聞いたほうが良かったかも)。
もちろん、支払の方法やタイミングについても話をしました。

 

10 来てもらう前に

来てもらう前の準備などについても聞かれました。

これは、

 

・教材や講師用ガイドなどを見てきてもらうこと
・実際に教材をやってもらうこと

 

があげられます。メールとWebで共有すればよいでしょう。

 

いかがでしたか?
アルバイトの面接を採用側でしたのは人生で初経験だったので、
何回もされている方からみるともしかしたら抜け漏れだらけかもしれません(笑)
その際は、こういうのもあったほうがよいとご指摘を頂けると嬉しいです。
(もしかしたら、長所短所とかきいても良かったのかも)

 

また、アルバイトも、どしどし、というわけではないですが、
良い方がいれば是非一緒に働きたいと思っています。
一期一会を大切にし、少数精鋭でやっていきたいと思っているので、
強い興味があれば、是非お問い合わせ頂けると嬉しいです!

www.tfe.asia